ペニス増大外科手術

学び

ペニスを増大させる外科手術はいくつかの種類や方法があります。だいたい想像はつきますがどれも激しい痛みを伴います。また費用も保険適用外ですので高額になります。

しかし効果はかなり期待できますので、お金に余裕がある場合の方は外科手術を検討してはどうでしょうか?

ICI治療

大きくするには男性器の海綿体の成長と血流アップが必要になります。

亀頭部分を中心に増大効果の高い素材を直接注入することで、 亀頭をより増大させ、硬くさせるます。

ICI治療(陰茎海綿体自己注射療法)の具体的な方法として形成外科で男性器に注射を直接打ちます。

■バイオアルカイド1本:25万円前後

■ヒアルロン酸1本:10万円前後

■ポリアクリルアミド1本:20万円前後

■ポリアミド1本:5万円前後

1本1ccですので2㏄から3㏄入れれば十分な増大効果が出ます。

※アレルギー反応が出る場合がありますので医師に十分な相談が必要です。

治療時間:5分~10分

性交渉はヒアルロン酸で3日程度から可能ですしバイオアルカミドは1か月後から可能と注入するものにより大きく変わります。

リパス増大法

リパス増大法は韓国医薬品局で承認された手術法でメスを使わず注射で行います


LIPAS(リパス)で注入されるのは「PMMA」と「Dextran」の2つの成分です。

■PMMA

アクリル樹脂の一種で透明な合成樹脂(ポリメタル酸メチル樹脂)になります。人工骨や人工水晶体など医療分野においても既に使われている素材で、簡単に説明するとプラスチック類に使われている成分です

ポリメタル酸メチル樹脂、すなわちプラスチック類ですが人体に害を及ぼすと言うものではありません。

体に吸収されることないがありませんので、一度注入されれば体内に保持されることでペニス増大のベースとなります。

PMMAは皮下組織、線維芽細胞を刺激することでコラーゲン線維を産生させる効果もあります。

■Dextran

主要成分はブドウ糖だけで構成されている糖類の1種です。

Dextran(デキストラン)は注射後2年ほどでじっくり吸収され、海綿体から流れ込む血流をふやす目的で取り入れます。

自らの細胞に働きかけてコラーゲン線維を作り出し、海綿体の血流アップと伴いボリューム感を維持できます。

費用は40万~60万と永久的な値段で考えるとお得ですが、で一度入れると二度と戻れないので注意が必要です。

埋没陰茎長茎術

下腹部の脂肪の厚みによるものや、ペニスが体内組織のワナ靱帯にひっぱられることで身体に埋もれています。

体内にある靭帯の影響による場合は体内に埋もれている陰茎を引きだすために、陰茎根部を切開し、靭帯を適切に調整した上で固定して、本来の長さを保つ治療します。

個人差がありますが、2~5センチの延長効果が見込めます。

費用は30万~40万程で治療時間は15分程度で終わり、入院や通院の必要はありません。

コメント