睡眠開始3時間

学び

ペニスの増大は男性ホルモンに影響してることは解明されています。

男性ホルモンが減ると海綿体まで送る血液がドロドロで流れが悪くなったり、血管の老化で拡張されないなど影響が出ます。

参照:成人でも成長できるペニス

 

男性ホルモン=テストステロン

テストステロンは男性ホルモンの一種で大部分を占める男性として生きる重要な要素の一つです。

男性ホルモンのテストステロンの分泌量が減ると朝勃ちがなくなります。

参照:性欲が落ちると精力は?

 

男性ホルモン、すなわちテストステロンが最も分泌されるのは23時~翌2時がホルモン分泌のゴールデンタイムです。

質の高い睡眠を取るこは男性ホルモンの分泌を増大させます、結果として朝のテストステロン数値が大幅に上がります。

ペニス増大サプリは男性ホルモンの働きをサポートするために就寝前に飲むことが良いと考えらてれいます。

加齢による睡眠の変化

 

人は、誰でも歳を重ねると睡眠のパターンも変化します。

もちろん睡眠時間も短くなり、ベストで深いノンレム睡眠、レム睡眠がの回数が減って、浅いノンレム睡眠が増えていきます。

高齢の方は、若いころ、働き盛りの社会人に比べて運動量が減少するため、睡眠の質の低下や、日照時間の影響で朝方に目がさめるのは自然なことです。

1日の活動量を増やして、眠りを深くする工夫が必要です。あまり眠れないことに対しては理由があるので悩まず、気にしすぎないことが大切です。

年齢別の男性、平均睡眠時間をグラフにしたものです。

厚生労働省がは発表している20代の必要睡眠時間は平均で8時間30分程度とされています。 これが年齢を重ねるにつれ段々と短くなっていき、70代では平均で7時間弱となります。

男性にとって十分な睡眠時間を出すには、日中にたまった疲労や心身のストレスを回復するのに必要な睡眠時間になります。

必要な睡眠時間には大きな個人差があるため【○歳で〇時間以上眠れば大丈夫】という万人に通用する基準がない、というのが最新科学的で判明しています。

快適な増大生活を送るためには、平均体なグラフも参考に、睡眠時間をご自身に最適な時間だけ確保することが重要です。

加齢と共に、睡眠の傾向は異なり、50代以降、早寝早起きの朝型になりやすいのは男性です。

女性は50代以降、寝つきが悪くなる傾向にあり、夜型化していくといえます。

こうした睡眠の違いが生じる理由としてホルモンの影響が指摘されていますが、まだ正確に解明はされていません。

生まれ持った睡眠時間

日本人で一番多い睡眠時間は7時間です。しかし、3時間ほどの睡眠で大丈夫な人もいれば、7時間寝てもまだ眠い人もいます。人間にとって睡眠時間の最適はどのくらいなのでしょうか?

とある実験で、毎日8時間睡眠の人が約半年をかけて、医師指導の元で無理せず少しずつ睡眠時間を減らし、5時間睡眠に減らすことに成功しました。しかしその実験を止めると、たった1ヵ月で元の8時間に戻ってしまったそうです。
上記のことから、人間に必要な睡眠時間は素質的、遺伝子的に決まっていて、人為的に変えられないと考えられています。

◆ナポレオン派?
ナポレオン・エジソンなどは6時間以下の睡眠で十分だった短時間睡眠者です。

◆アインシュタイン派?
9時間以上の睡眠でないと昼間、普通に生活できない長時間睡眠者です。

 

熟睡できる環境

 

脳が最も休まるのは1回目と、2回目のノンレム睡眠時です。いかにぐっすり眠れるか、熟睡できるかどうかで男性ホルモンの分泌、すなわち疲労の回復が違います。極端に言えば、2回目以降のノンレム睡眠は【ただ眠る】だけです。その寝ているだけがが多い人と少ない人がいるだけです。

テレビや携帯で眠る寸前に神経が興奮していると、始めの深い眠りの時に十分休めません、その後【ただ眠る】がズルズルと長くなってしまいます。

その人にとっての自然な睡眠時間を見つけるためには、眠り始めの約3時間が最も大切です。

部屋を暗くして興奮しないように、好きな音楽を聴くのもよし、アロマをたくのもよし熟睡できる環境を作ることが大切です。

良い睡眠で良く効くサプリを飲めばペニス増大は間違いなし!!

 

コメント