自然にある精力剤・増強剤

学び

マカ、トンカットアリ、アカガウクルアなど 自然の土壌から生まれた植物です 。一方で精力を増強するためだけに人工的に作られた薬は、即効性が強く多くの場合、摂取後すぐさま効果が得られます。しかし効果は一時的なものに過ぎません。さらに人工的につくられたもののため、化学添加物が入っており酷い場合は、頭痛腹痛、消化不良などの副作用が出る場合があります。

安心して飲める自然の原材料

マカ

効能: 男性機能の回復 、 ホルモンバランス改善、 免疫力を向上

主成分:アミノ酸(アルギニン、 アスパラギン酸、 バリン、ロイシン、イソロイシンなど18種類)

    :ミネラル(亜鉛、カルシウム、鉄、カリウム)

    :ビタミン(ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE)

古くから南米の地域で利用されている自然食品 で有名です。特にマカに豊富に含まれるアルギニンは年齢ともに元気を失う成長ホルモンの分泌を活性化させる働きがあります。具体的には血管を大きく強く拡張したり、血流をより隅々まで血液が送れる働きを促します。

トンカットアリ

インドシナからマレーシア半島など東南アジアを中心とした熱帯雨林原産のニガキ科の食物です。
日本では「ナガエカサ」と呼ばれています 。

効能: 精力増進・疲労回復 、 動脈硬化の予防

主成分:アミノ酸の一種であるアルギニン、ビタミンB6、亜鉛など

マサチューセッツ工科大学とマレーシア政府は提携し、 細胞からのテストステロン合成増加、精子数増多、精子運動能上昇としてトンカットアリの研究されたという歴史もあります。

アカガウクルア

東南アジアのメコン川流域の落葉樹林帯に自生するマメ科の熱帯食物です。日本では「ツルハナモツヤワノキ」と呼ばれています。根が大きな塊状になり切断すると、真っ赤な樹液が染み出てくることからアカガウクルアと名前が付けられています。

効能: 男性機能の向上、血管の強化、 抗血栓作用

主成分: 性ホルモンの分泌を支えるDHEAが豊富

DHEAは副腎で合成され、男性ホルモンのテストステロンに変換されています。テストステロンは男性ホルモンで、精子形成・促進、骨・筋肉増殖に大きな影響を持っています。

※ホルモン療法を受けてる方は服用に注意が必要です。

クラチャイダム

東南アジアのタイ原産のショウガ科の多年草です。日本では黒ショウガとも呼ばれています。

効能:勃起不全(ED)、精力増強

主成分: アミノ酸( アルギニン 、アントシアニン、セレン、 バリン、ロイシン、イソロイシンなど )

    :ポリフェノール (クルクミンなど11種類)

マカと比べてアルギニンの量が2倍以上あるとして最近注目を浴びています。

ヒハツ

インドやマレー半島、ジャワ島に自生するコウショウ科の香辛料です。 インドの伝統医学”アーユルヴェーダ”でよく使われています。

効能: 冷え性改善、 毛細血管の強化

主成分:ピペリン

冷え性から男性機能の不調やEDの原因とも言われています。ピペリンは毛細血管が拡張することで血流が促進され、 皮膚の表面温度を上げる効果を発揮するのに効果的な植物です。

コメント