疲れマラ?ばてマラ?

学び

男性の方は一度は経験したことがあるはずです、通称「ばてマラ」「疲れマラ」といった言葉もよく知られている疲れたときに下半身が元気になってしまうという現象です。

過度に疲労した状態に陥ると子孫を残す本能が働くためとも言われています。

では実際に意味や原因を徹底的に解説していきます。

疲れが原因で勃起する

10代の学生時代のときに合宿、旅行などの集団生活において自慰行為を思いどおりにはできなかった過去があると思います。

ペニスに精液がたまってしまい夢精という現象によって自然解消するのことです。

この夢精は男性なら誰もが経験している健全な現象になります。

一方で遊びや仕事で疲れていて元気がありません。疲労困憊にもかかわらず、精神だけが昂揚して勃起する。昔から俗にいう「ばてマラ」「疲れマラ」です。

疲労時に交感神経が刺激される分泌される「カテコールアミン」という神経伝達物質があります。

脳を覚醒させ、血圧を上げるために分泌される結果、海綿体にも血液が流れ込み勃起が起こります。

性的に興奮していなくてもペニスに血液が集まって勃起します。これこそが「ばてマラ」「疲れマラ」の正体です。

残業時間とオナニーの関係

参照: ©ニュースサイトしらべぇ

残業時間が長い男性は自慰行為の数もグラフをみるように減っています。

残業時間が月20時間未満の方で週5回以上、自慰行為してるかたが4割もいることも驚きです。

性交渉や自慰行為をするには、時間の余裕が必要だと素直に考えられます。

月40時間以上も残業をしている方は、「ばてマラ」「疲れマラ」を場違いな場面で発動させ恥ずかしい思いをする可能性が十分に高いです。

「ばてマラ」「疲れマラ」を防ぐ

基本的にはストレスや疲れを溜めすぎないことが一番大切です。

適切な具体的な対処方法以下の通りです。

■リラックスする

■6時間以上の睡眠

■朝オナニー

大事な場面でもし「ばてマラ」「疲れマラ」が起こった場合

足やふくらはぎに30秒間めいいっぱい力を入れる

筋肉を緊張させて交感神経を優位にする方法として、足やふくらはぎに力を入れることで勃起を鎮める効果があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

疲れマラはギャンブルで勝てる運印とも言われています。

今週の競馬回収率ランキング

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント